Q
水道の凍結を予防したい

A

最低気温が氷点下になるときは、下記の通りの対策をしていただくと凍結予防となる場合がございます。ご協力をお願いいたします。

蛇口から水を出し続ける方法

  1. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「切・OFF」にしてください。(リモコンがある場合のみ)
  2. お湯が出る蛇口(キッチン・お風呂・洗面など)のうち、いずれか一か所の蛇口(お湯側)を開いて、少量の水(4mm程度)を流したままにしてください。 (サーモスタット水栓の場合は、温度を「H」もしくは、お湯の温度に設定してください)

注意

  • 給湯器本体の電源は絶対に抜かないでください。
  • お湯を出したままにすると、ガスの安全装置が作動する可能性がありますので、お湯にならない量でお願します。
  • 出した水については水道料金がかかりますので、出しすぎにご注意ください。

浴槽に残り湯を残したままにする方法(追い炊き機能つき風呂釜の場合)

浴槽の水を循環アダプター上部より5cm以上、残り湯(お水)がある状態にしてください。ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて凍結を予防します。

水が凍らないように配管を保温する方法

配管がむき出しになっている部分にタオルなどを巻き保温します。隙間などから強い寒気が入り込むと凍結の原因となるため、隙間が無いように巻いてください。

注意

冬季期間中はお部屋を数日不在にされる際も、絶対に電気のブレーカーを落とさないようお願いいたします。
カテゴリ:
建物・共用部
PAGE TOPへ

© 2021 URBAN HOME