1. TOP
  2. 特集&キャンペーン
  3. 新CMの舞台裏

新CMの舞台裏


12月25日に放映が始まったアーバンホームの新CM「あふれだすハート編」。みなさま、もうご覧いただけましたでしょうか?

弊社は2015年1月から、新しい暮らしのカタチを提案するブランド「&U(アンドユー)」を展開します。会社創立以来、30年以上に渡る経験とプライドを結集した珠玉のサービスが、いよいよ船出のときを迎えました。

“&U”に集うのは、弊社が定める基準をクリアした厳選物件。

お客さまと魅力的なお部屋との運命の出会い、そしてそこから始まるしあわせな人生の物語を、私たちはサポートしていきます。CM制作は、“&U”ブランドをプロモーションするにあたり、「おもてなしのこころを石川のみなさんに届けよう」のコンセプトでスタートしました。裏方作業や撮影シーンなど、本編には入らない制作の舞台裏をご紹介します。






撮影は11月某日、金沢市郊外のキゴ山で行われました。もともとは前の週に予定されていたのですが、あいにくの雨天でこの日に延期に。

祈るような気持ちで迎えた当日は…この時期には珍しい、爽やかな秋晴れ!最高気温も平年よりも暖かい20度と、絶好の撮影日和となりました。






CMに出演するのは、アーバンホームの社員とその家族、合計120人。みんなで風船を手に持ち、空に飛ばす設定です。用意した風船は、何と1,400個!業者が次々とふくらませていった風船を、手に持ちやすいよう10個ずつまとめていきます。まとめる作業は社員もお手伝い。たくさんの風船を前に、しばし童心に返りました。






“出演者”一同、続々と撮影場所へ向かいます。CMには社員の子どもたちも参加しました。カラフルな風船を手に、とってもうれしそうな笑顔を浮かべていますね。社員の表情からも「どんなCMができるんだろう!?」と、ワクワクしている様子が伝わってきます。






本番では高所作業車を使い、23メートルの高さから撮影しました。ビルでたとえると12階分の高さ!!地上からぐんぐん上がっていくゴンドラに、子どもたちは大喜びしていました。会場ではCMソングが流れる中、カウントダウンの声出し練習などを行いました。

本格的な撮影風景と相まって、出演者たちのテンションも次第に上がって行きます。






作業車から見た地上の様子です。

「あふれるほどのおもてなしのこころを、石川のみんなに届けよう」。

この思いをハート型の風船に託し、アーバンホームのロゴ「uh」の人文字を作りました。
いよいよ近づく本番。風船の下にいる出演者たちは「風船を飛ばすタイミングを間違えたらどうしよう」「ロゴの文字が乱れないよう、じっとしていなきゃ」とドキドキしています(笑)。






「5,4,3,2,1,ゼロー!!」声をそろえてカウントダウンし、一斉に風船を空に放ちます。
もちろん、チャンスは一度きり。失敗は絶対に許されません。
緊張の一瞬でしたが、練習のかいあって一回で大成功!!その場にいた全員の気持ちが一つになり、最高のクライマックスを迎えました。






上空に飛んでいく風船をみんなで見送ります。
無事に撮影が終わったという安堵感と達成感に、自然と拍手がわき起こりました。子どもたちもよく頑張りました!!

石川のみなさまへ、アーバンホームのおもてなしの気持ちが届きますようにー。